着物のお手入れ方法

着物のお手入れ方法

丸洗いできるポリエステル製の着物であれば、所定の洗い方に従って、家で洗うことが出来るので、お手入れ方法はおしゃれ着洗いのような感覚で大丈夫です。今回は、その他の、丸洗いできない、正絹などの着物についてご紹介しましょう。

 

まず着物を着た際、食べ物や飲み物でシミが出来た時のお手入れ方法です。一番良い方法は、専門のクリーニングに任せる方法が良いのですが、とりあえず水溶性のものは着物の下にタオルなどを当て、上から固く絞ったガーゼなどでトントンとたたきながらシミを吸わせます。油性のシミはすぐにクリーニングがベストです。襟や袖口の垢などは、専用の垢落としを使って、先の方法と同じように行います。袖や衿口にタオルを敷いて、上から垢落としを少ししみこませたガーゼでトントンと。この際、専用の洗剤などをたっぷりつけないようにしましょう。

 

お手入れが終わったら、必ず風通しの良い場所に掛けておいて陰干しをして、湿気をしっかり取っておきましょう。シミや黄ばみは一旦できるとなかなか落とし難くなります。出来るだけ早くお手入れを行いましょう。またすぐ着る機会があれば、このような自分でのお手入れも良いですが、次まで期間が開く場合はやはりクリーニングがお勧めです。