着物の取り扱いに関するクエスチョン

着物はデリケートです

着物と言えば、日本の伝統的な衣装ですよね。現代では私たちが日常的に着物を着る機会は減ってしまいましたが、それでも茶道や華道、日本舞踊といった伝統芸能の際はやはり着物を着るとそれだけで映えますし、女性なら、白無垢の花嫁衣装は誰だって憧れるものです。

 

そんな着物たちは、自宅での保管はなかなか大変なものです。めったに着る機会がないからこそ、持っている人は定期的なお手入れを欠かさず、いつまでもキレイな状態に保って、着る機会が訪れるその日まで、しっかり保管しておきたいものです。着物はデリケートなもの。着物の素材には、高価な正絹(しょうけん・他のものは入っておらず絹だけで出来ているもの)からウール、ポリエステルなど色々あります。特に正絹の着物は非常にデリケートで、ちょっとでも湿気があったり、汗が残っていたりすると、黄ばみや虫食いの原因になってしまいます。

 

いざ、着ようと思って取り出してみると、残念な結果になっていて着ることが出来なくなってしまっては、後悔先に立たず。だからこそ、お手入れ方法をしっかり理解して、いつまでも綺麗に長持ちさせたいですよね。そこで次は、着物を長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介しましょう。

関連サイト

うさこの着物買取・・・着物買取業者をランキングや口コミから比較でき、かんたんに着物買取業者へ一括査定依頼ができるサイトです。